1. HOME
  2. ブログ
  3. 人事労務
  4. 労働関係の主な法改正【2021年版】

TOPICS

トピックス

人事労務

労働関係の主な法改正【2021年版】

2021年に予定されている法改正について解説します。

Ⅰ.同一労働同一賃金

  • 2021年4月1日から中小企業でも施行される同一労働同一賃金です。まだ手を付けられていない会社もあるのではないでしょうか?
  • 正社員と短時間労働者・有期雇用労働者の待遇に違いがある場合、待遇の違いが働き方や役割の違いに応じたものであると説明ができるかどうかを確認してください。
  • 単に「パートだから」「将来の役割期待が異なるため」という主観的・抽象的理由では、待遇の違いについての説明にはなりません。
  • 正社員と、①職務内容(業務の内容+責任の程度)、②職務内容・配置の変更範囲(転勤、人事異動、昇進などの有無や範囲)、③その他の事情の違いに応じた範囲内で、待遇を決定する必要があります。正社員と①②ともに同じ場合、すべての待遇について、差別的に取り扱うことが禁止されます。
  • 住宅手当・家族手当・退職手当は、各社で目的や性質が異なるとして考え方は示されておりません。
待遇差OK 基本給
  • 職業経験や能力、業績や成果、勤続年数などの差に応じて支給
賞与
  • 業績などの貢献度に応じて支給する場合、貢献度の違いに応じて支給
待遇差NG 手当
  • 通勤手当
  • 出張旅費
  • 食事手当
  • 皆勤手当
  • 作業手当
  • 深夜・休日手当
  • 単身赴任手当
福利厚生
  • 食堂・休憩室・更衣室の利用
  • 慶弔休暇
  • 病気休職

 

Ⅱ.子の看護休暇、介護休暇の時間単位取得

 

Ⅲ.36協定新様式

  • 2021年4月1日から、36協定届の様式が新しくなります。
  • 労働基準監督署に届け出る36協定届について、使用者の押印及び署名が不要となります(記名は必要)
    • 36協定と36協定届を兼ねる場合は労使で合意したうえで労使双方の合意がなされたことが明らかとなるような方法(記名押印又は署名など)により36協定を締結する必要があります。
  • 36協定の適正な締結に向けて、労働者代表についてのチェックボックスが新設されます。

 

Ⅳ.法定雇用率引き上げ

  • 2021年3月1日から、法定雇用率が2.3%に引き上がります。
  • 今回の法定雇用率の変更に伴い、障害者を雇用しなければならない民間企業の事業主の範囲が、従業員45.5人以上から43.5人以上に変わります。また、その事業主には、以下の義務があります。
    • 毎年6月1日時点の障害者雇用状況をハローワークに報告しなければなりません。
    • 障害者の雇用の促進と継続を図るための「障害者雇用推進者」を選任するよう努めなければなりません。

 

Ⅴ.70歳までの就業機会確保(努力義務)

  • 2021年4月1日から、65歳までの雇用確保(義務)に加え、65歳から70歳までの就業機会を確保するため、高年齢者就業確保措置として、以下のいずれかの措置を講ずる努力義務が新設されます。
    1. 70歳までの定年引き上げ
    2. 定年制の廃止
    3. 70歳までの継続雇用制度(再雇用制度・勤務延長制度)の導入
      ※特殊関係事業主に加えて、他の事業主によるものを含む
    4. 70歳まで継続的に業務委託契約を締結する制度の導入
    5. 70歳まで継続的に以下の事業に従事できる制度の導入
      1. 事業主が自ら実施する社会貢献事業
      2. 事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業

 


当該記事は、内容をざっくりと掴んでいただくことを目的にしている為、不完全な場合があります。
そのため、この記事により生じた損害等について、弊社は責任を負いません。
実際に申請をされる場合は、経済産業省や厚生労働省などの一次ソースをご確認ください。


株式会社シナジスでは、国(経済産業省・財務省)から認定された経営革新等支援機関として、早期経営改善計画や経営力向上計画、補助金申請などのサポートをしております。
併設する社労士事務所シナジスでは、就業規則などの諸規程作成・見直し、評価制度や研修制度などの各種人事制度の構築・運用サポート、助成金申請などのサポートをしております。
お気軽にお問い合わせください。


関連記事

ニュースレター登録フォーム

会社経営に役立つ情報をお届けします。

プライバシーポリシー