1. HOME
  2. ブログ
  3. 補助金・助成金
  4. 令和元年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

TOPICS

トピックス

補助金・助成金

令和元年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

Ⅰ.事業概要

中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。

補助上限 1,000万円
補助率 中小企業 1/2  小規模企業者・小規模事業者 2/3
補助要件 以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行

  • 付加価値額 +3%以上/年
  • 給与支給総額+1.5%以上/年
  • 事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30円

Ⅱ.公募期間

公募開始 令和2年3月10日(火) 17時
申請受付 令和2年3月26日(木) 17時(原則、電子申請)
応募締切 令和2年3月31日(火) 17時
  • 1次締切分の採択発表は、4月末目途の予定です。
    1次締切後も申請受付を継続し、令和2年度内には、令和2年5月(2次)、8月(3次)、11月(4次)、令和3年2月(5次)に締切を設け、それまでに申請のあった分を審査し、随時、採択発表が行われる予定です。
  • 1次締切に関する公募説明会は開催されません。

Ⅲ.申請方法

  • 申請は、電子申請システムでのみ受け付けられます。
    入力については、電子申請システム操作マニュアル(3月24日(火)に公開予定)に従って作業してください。
  • 本補助金の申請にはGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。
    アカウントの取得には2週間程度を要しますので、未取得の方は、お早めに利用登録を行ってください。
    同アカウントは、事業者情報の再入力の手間を省くため、採択後の手続きにおいても活用できます。

Ⅳ.主な変更点

  • 申請要件に、賃金引上げにかかる計画策定等を追加し、要件が未達の場合に、補助金の一部返還を求められます。
  • 新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を行う事業者については、加点措置や申請要件緩和等によって優先的に支援されます。
  • 申請手続き簡素化のため、認定経営革新等支援機関の確認書添付が不要となりました。
  • 初めて補助金申請される方でも採択されやすくなるよう、過去3年以内に類似の補助金(ものづくり・商業・サービス補助金)の交付決定を受けた事業者については、審査にて減点措置が講じられます。
  • 中古設備や専門家活用にかかる補助対象経費が明確化されました。
  • 過去の申請実績を踏まえて、共同申請や設備投資を伴わない事業類型が廃止されました。

【全国中小企業団体中央会】令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募について(2020.3.10 全国中央会)
https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/reiwamono-0326koubo20200310.html

 


当該記事は、内容をざっくりと掴んでいただくことを目的にしている為、不完全な場合があります。
そのため、この記事により生じた損害等について、弊社は責任を負いません。
実際に申請をされる場合は、経済産業省や厚生労働省などの一次ソースをご確認ください。


株式会社シナジスでは、国(経済産業省・財務省)から認定された経営革新等支援機関として、早期経営改善計画や経営力向上計画、補助金申請などのサポートをしております。
併設する社労士事務所シナジスでは、就業規則などの諸規程作成・見直し、評価制度や研修制度などの各種人事制度の構築・運用サポート、助成金申請などのサポートをしております。
お気軽にお問い合わせください。


関連記事

ニュースレター登録フォーム

会社経営に役立つ情報をお届けします。

プライバシーポリシー